FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

I'm addicted to you! 

2008.05.01 00:29

ついにきましたね。
VAMPS 第一弾リリース情報が!待ってましたー!
タイトルが『LOVE ADDICT』だなんて、またまたお色気たっぷりですね。
これが噂の”犬”songですか。全然想像できないな・・・
リリースは7月2日ということで、聞けるのはまだ少し先になりそうですが、楽しみに待ちたいと思います。

そういえば、カップリングは『TIME GOES BY』だとかなんとか・・・
カップリングがちゃんとカップリング曲な事がなんだかとても新鮮です。ラルクではパンクが当たり前になっちゃってますからね。パンクはパンクで楽しみだけど、たまにはカップリング曲も聞きたいな~なんて。もう聞けることはないのかな。

ち・な・み・に私の1番好きなカップリング曲は『THE GHOST IN MY ROOM』
あの不思議songはすごい!と思ったらやっぱり作曲者はhyde。さすが!
いつかLIVEで聞いてみたいものです。

惚れたが負け・・・ 

2008.03.27 01:27

先日の記事で、「今度あそこのランプが光っているのを見れるのは、いつなのかな・・・」なんて書いたら、その機会があまりにも早く訪れてちょっとビックリ。

たいてい籠ピカは、お友達からのメールで知らされ、それでも仕事中で見れなかったり、爆睡していたりで涙を呑むのですが、今回は正真正銘の自力到達!
それでも私がBBSを見たのは全ての血文字が出揃った後だったので、HYDEの”焦らしプレイ”の犠牲にはならずに済みました。そのプレイの最中には、私呑気に夕ご飯を食べておりましたから。ちなみにぎ○○らではございません笑。

しかし、あれを8時すぎからリアルタイムで見ていた人は、きっとその間何もできなかったことでしょう。私ももっと早い段階で気付いていたら、そうなったに違いないですしね。本当罪な人です。
それでも、ちゃーんと約束どおり最初の発表はhydeistにて行ってくれたことに関しては、HYDEの優しさを感じました。

hyde(HYDE)のファンに対する心遣いには、いつも本当に嬉しさを感じます。まあ、客商売だし・・・ってこともあるかもしれないけれど、でもやっぱりそれだけじゃできないと思うから。
まったくもってラルクには興味がない友達にその話をしたらば、たいそう意外な顔をしていましたけど、一般のイメージってきっとそうなんですよね。いいんです、わかる人だけわかってくれれば!(あっ、でもその子にはhydeがどんな人なのかを熱弁したら、「イメージかわったわ」と言ってくれて、やっぱり嬉しかったんですけどね。)

それにしても、昨日のBBSでは私の短いhydeist歴の中でも「見たことない!」ってくらいの血文字の数々。噂によると32個。わお!
ちなみにお風呂に入る時間を後回しにしてまで、全部遡って見ました。
一つ一つは短いんですけど、よくもまあ、あそこまで引っ張ったものです。時間にするとそんなに長時間な訳ではないですが、血文字の間に挟まれるみんなのメッセージの多いこと多いこと。だから、遡るのも一苦労。そりゃ、興奮して投稿もしたくなりますよね。
そして、発表と言いつつ、関係ないことを投稿し続けるHYDEのいたずらっぷり。でも、あれだけ、引っ張られてもなんだか血文字を見てニヤニヤして嬉しくなってしまうのは、やっぱりHYDEのことが大好きだからでしょう。そして、あそこのみんなはきっと同じ思いなんですよね。
素晴らしき哉hydeist。

hyde hyder hydeist 

2008.03.05 00:54

今日家に帰ると私の部屋に謎の小包が。
見てみるとそれは、”HANEPEN”
そう、買ってしまったんですよ勢いに任せて。7歳下の弟に散々馬鹿にされながらも。ちなみに5本セットの方。意外にも配達が早くて驚きました。仕事が早いぞ、HYDEIST!
ちなみに、このHANEPEN、使う予定は御座いません。なので、早くも小包のまま、棚の上へとしまわれました。さようなら、私のHANEPEN。また会う日まで。

最近はラルクな話題より、巷はHYDEの話題がお盛んなようで。
私も週末にとりあえずHYDEソロの宿泊付きプランのチケット代を振り込んできました。といっても、ネットバンキングってやつなので、このPCから簡単操作で振込み完了。便利な時代になったものです。
あとは、忘れずにチケットのみの御代も払わなければ。まだまだ先のツアーなのに、この時期に一気に出費ってのはちょっと痛いですね。

そして、昨日からはHYDEモバイルサイトもOPENってことで。HYDEIST事務局からのメールで知りました。春OPENって話だったので、てっきり4月頃からかと思っていましたが。仕事が早いぞ、HYDEIST!
てっきりHYDEISTの携帯サイトかと思ったら、また別のサイトなんですね。だから、別料金かーい!と。
月300円に「どうしようかな・・・」と一瞬迷ったものの、”DIARY”があることを知り、即入会を決意。
結局入っても、待受けや着うたなんかはあんまり使わないので「それだけのサイトなら、ちょっと」って思ったんですが、日記があるとなったら入らないわけにはいきません。そう、まんまと戦略に乗せられたって訳です。FA日記も捨てがたいですが、やっぱり本人が書いた日記(というかメッセージ)となったら、見ないわけにはいきませんもんね。

そして早速読んだ日記・・・
あの短い文章の中にhydeという人が詰まっている気がしました。
この人、詩を書くセンスはもちろんですが、文章を書くセンスも私はなかなか好きです。何が好きってやっぱり言葉の選び方。すてきだなって思います。その感性はいつまでも失わないで欲しいものです。
これからもまたすてきな言葉が届けられるのを楽しみに待っています。

今日は題名も題名だけにHYDEな話題に絞って終わりにしようかな。

・・・でも最後に一言。
「私が好きなのは、やっぱりHYDEではなく、hydeです。」
以上。

HYDE戦争 

2008.03.01 00:59

hydeistは、携帯からチケットの当落結果が確認できない(というか携帯サイト自体が今のところない!)ので、お家に帰るまで結果はお預け。
そんなわけで、今日はなんだかそわそわした一日でした。
でも、そこまでドキドキしなかったのは、やっぱりラルクではなくHYDEソロであること、そして宿泊付きの方でとりあえず参加が確定していたからでしょうか・・・
それでも、やっぱり東京公演に行きたい想いは強かったので、そわそわしていたのでしょうけど。

というわけで、今日は飲み会の予定もなく帰宅して早速結果を確認。

 9月11日(木) zepp nagoya
10月24日(金) zepp tokyo


この2箇所の参加が決定しました。

今回は保険もかけて、東京4公演+名古屋1公演申し込んでいました。
なので、2勝3敗。東京はやっぱり激戦だったようなのでまずまずの結果でしょうかね。
昨日の記事に記した願いは、達成されましたし。
そして、「せっかく遠征するから・・・」と、さりげなく申し込んだ名古屋もめでたく当選。
宿泊付きで当選している方と合わせると、参加公演は全部で4公演。全部で36公演あるから、9分の1ってことですね。
私としては大満足な結果となりました。欲を言えば、ファイナルの東京には行きたかったかな・・・
まあ、まだチャンスはあるかもわからないので幸運が巡ってくることを祈ろうと思います。

初めてのHYDEソロ・・・どんなLIVEになるのかな♪
きっと私が好きなおちゃめなhydeは影を潜め、攻撃的なダークHYDEが見られることでしょう。
いいんです、おちゃめhydeはラルクで堪能しますから。
まだまだLIVEは先のこと・・・って言ってもまたあっという間にやってきてしまうのかもしれませんが。
LIVEに行く頃には、私も一山越えてないといけないですからね。
人参を目の前にぶら下げられた馬のように・・・がんばらなくちゃな。

Once again..... 

2008.01.26 10:00

休日なのに今日は珍しく早起き。といっても8時とか、そんなレベルですが・・・・
出かけるまでにまだ少し時間に余裕があるので、ブログを書くことに。
バックミュージックは『ROENTGEN』。今は『WHITE SONG』。
冬ですね・・・

HYDEのソロ第一弾のALBUMはちゃんとリアルタイムで買っていました。
この白いレザーのジャケットは、素敵だなと今見ても思います。
そして、このALBUMを聴くとHYDEの冬好きが嫌って言うほどわかります。
ジャケットからして”冬”ですもんね。

当時は聴いていてもあまり馴染めなかったような記憶が。
きっとまだ若かったのでしょうね。
今はとても好きなALBUMです。

当時ソロ活動はhydeから言い出したことかと思いますが、このALBUMを聴くと「こういうことがやりたかったんだな」って今だと素直に受け取れます。
ラルクでは無理ですもんね。

私はラルクが好きでhydeが好きだからって理由で、HYDEソロも聞いてこの『ROENTGEN』を買いましたが、もしラルクを知らず、特にhydeを好きという訳でもなく、このALBUMを手にした人がいたなら、それはとても素敵なことだなと思います。

今年の夏からはまたHYDE TOURが始まります。
これは会場はZeppだし、間違いなく熱いLIVEになるのでしょう。そういうLIVEも楽しみです。
でも、『ROENTGEN』を聴いていると、こういう世界観のアコースティックLIVEもやってくれたらいいなって思います。(あれ?前にやったんでしたっけ??)
みんな着席して、小さなホールで”コンサート”っていう雰囲気の。

いつか、やってくれないかな・・・・
HYDEがおじいちゃんになってからでもいいから。
そしたら必ず聴きに行きます。必ず。

今日はHYDEISTの話題。
まだ新参者な私、HYDEIST歴は半年程。
hydeが好きならもっと前から入っておくべきだったな~と常々後悔しています。
あんなにすてきな空間はない。
今まで籠ピカに遭遇したことは数える程度。って言っても、いつもお友達から教えてもらって気付くのですが・・・
真夜中にばかり現れるKINGとはなかなか相性が悪いみたいで。
先日はクリスマス早朝に現れて、とってもすてきなクリスマスプレゼントを残して帰って行ったよですが、私は運悪くその場には居ませんでした。起きてたのにな・・・と後悔しても遅いですね。うん、それがHYDEIST。

そんなHYDIEST。先月発行(?)された新聞をようやく読んできました。
まだ全部ではないですが・・・・ザザザっとね。

words from hyde 

2007.11.06 00:24

「hydeは昔から変わらずいい感じの作詞家だと思うんです。」

これは『MUSICA』11月号のkenのインタビューでの一節。
もう読んだ方も多いとは思いますが、私は小分けに読んで読んで先日ようやく読み終えました。
その中で、心に残ったのがkenのこの発言。
どこだったっけな?って方は今すぐP41へ!