FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

代々木公演を終えてから、私の頭の中で繰り返し繰り返し流れる『海辺』。

CDで聴いた時から、なんとも言えない切ない歌声とメロディーに心を奪われていたけれど、代々木の最終日の『海辺』を聴いてからというもの、もう心を奪われた所では済まなくなりました。
もう、完全に虜です。

最近は帰り道に『海辺』を聞いて、一人歩いていると寒さも相まってか、なんだかわからないけれど、涙が溢れてきます。
LIVEでは泣かなかったのにな・・・・

ここ最近は本当に『KISS』ばかり聴いています。
通勤中も、帰り道も、お家でもずっと『KISS』『KISS』『KISS』・・・・
今がツアー中だってせいもあるかもしれないけれど、でもやっぱりこんなに繰り返し繰り返し聴きたくなるのは、それだけじゃないはず。
本当に素敵なアルバムだな・・・と思います。
楽曲の振れ幅が大きすぎることに関しては、賛否両論あるかもしれません。
が、私は大歓迎。
一色に統一されたアルバムも聴いてみたい気もしますが、色んなカラーを持っていることはラルクの持つ魅力の一つですから。
だからこそ、『KISS』は素直に受け入れることができました。

ラルクのアルバム1枚をこんなにじっくり聴くのは、実は久しぶりのこと。
『AWAKE』の発売時は「一応、買っとくか」って程度の気持ちだったし、『SMILE』もただなんとなく流して聴いていただけだったような。

今回はアルバムを出してのツアーなので、惜しげもなくアルバム収録曲を聴くことが出来るけれど、これが終ってしまったらLIVEでは二度と聴けなくなる曲もあるんでしょう。
というか、ほとんどの曲がそうなってしまうんですよね。
歴史のあるバンドだから、持ち歌もいっぱいあって、その中でLIVEでやる曲って大体決まってきてしまう。寂しいけれど、仕方のないことなんですよね。むしろアルバム曲の中で、その後もLIVEでやり続ける曲の方が稀なわけですから・・・・

だからこそ、『KISS』に詰まった曲たちを、LIVEで聴いてしっかりと記憶に残したいなと思うのです。
それができるのもあと2日間のみ。
楽しみである反面、終ってしまう寂しさもあり。

最後の『THEATER OF KISS』、素敵なステージで記憶の幕を閉じることができればいいなと思うのでした。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/94-c8745a72

記事のトップへ

| ホーム |