FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

いよいよ今年も終わりですね。最近はなんだか月日が経つのがあっという間で。歳をとったせいかな。気付けば1日が過ぎ、1週間が過ぎ、1ヵ月が過ぎ・・・そして1年という月日が過ぎようとしています。
私は今のこの”師走”の時期がとても好きなんです。みんなが1年の終わりにバタバタとせわしなくて、そして新たな歳を迎える準備をする。街もなんだか活気付いているような。私の家はちょっと有名な商店街の近くにあるので、この時期になると遠方からの買い物客で道路は大渋滞。そんな大渋滞をした道路をベランダから「また混んでるな~♪」と眺めるのもなんとなく好き。もちろん、自分がその中にいないからこんな暢気なことが言えるのでしょうが。
と、なんだか関係のないことをツラツラと書いてしまいましたが、今日は2007年も最後ということで今年1年の”私のラルク活動”を振り返ってみようかと。みなさんやられているようなので、私も便乗してみます。笑
まず最初に言いたいことは「こんなにLIVEに行った年はない!」ってこと。
生まれて初めてです、1年間でこんないLIVEに行ったのは。って、他の人から言わせてみれば「そんなの全然だよ」っていう程度かもしれませんが、1ツアー1公演というスタンスだった私にしてみれば、今年の参加公演数は異常。では、それをちょっと一覧に。

『Are you ready?2007 またハートに火をつけろ』
①6月8日  戸田市文化会館
②8月25日 富士急ハイランドコニファーフォレスト
③8月29日 沖縄コンベンション劇場
④8月30日 沖縄コンベンション劇場


『THEATER OF KISS』
⑤12月20日 さいたまスーパーアリーナ(ゲネプロ)
⑥12月22日 さいたまスーパーアリーナ
⑦12月23日 さいたまスーパーアリーナ


とゲネプロもLIVEとカウントすると計7公演。よく行ったな、自分。
当初『Are you ready?2007 またハートに火をつけろ』はFC先行全滅という悲惨な結果に終わり、その頃仕事でも嫌なことがあったりして、なんて仕打ちだと自暴自棄になったりしました(それはちょっと言いすぎかな)。それでも結果的に4公演も行くことができて、本当に本当に幸せでした。欲を言えば、もっともっと行きたかったけれど、行けそうな日程の公演はチケットが取れなかったり、チケットが取れる公演・取れそうな公演はスケジュール的に合わなかったり、遠征費がかかりすぎたりとで結局4公演。次はいつになるかわからにけれどまたホールツアーをしてくれることを期待しています。その時には是非、神奈川県民ホールも入れて欲しいな♪

では、1公演ずつを簡単にフラッシュバック。

①6月8日  戸田市文化会館
これは、FC全滅から奇跡の大逆転という幸運に恵まれ行くことができた公演。応募する時点では「どうせ、今回もダメなんでしょ」という投げやりな気持ち。だから結果発表があったこともすっかり忘れていたり。
平日の公演という事で、午後休をとってLIVEに向かいました。今まで見てきたラルクのLIVEの中で最も小規模な会場で、席は17列目。私がラルクをLIVEという形で見てきた中では、おそらくステージと一番近い席でした。横須賀前のツアーの本当の1公演目ってことで、なんの情報もなく見たLIVEは新曲新曲のオンパレード。そして何より近い。肉眼で色んなことが確認できるのが新鮮で、もう大興奮!だからこの1年に行ったLIVEの中で1番印象に残っているLIVEだと思います。FC限定って事もあって、暖かい雰囲気のLIVEでもありました。でも、あまりの興奮のせいで、翌日からは力が抜けちゃって、しばらくは立ち直れなかった気がします。LIVE行きたいよ~って。それからこのLIVEは生まれて初めて一人参加したLIVEでもありました。ここで、一人でLIVEに行くことの楽しさを知ってしまったんだな。もちろん誰かと一緒に行くのも色んな喜びや感動を共有できて楽しいのだけど、一人で行って隣の人とお友達になったり、ノリノリで躍り狂っても恥ずかしくないっていう快感?!を味わえるのもいいかなと。

②8月25日 富士急ハイランドコニファーフォレスト
前回の参加から2ヶ月以上間を空けてのLIVEでした。
この公演は場所がちょっと遠いことや、その後に沖縄旅行も控えていたことから行かない方向で考えていたのですが、やっぱり行っておかないと後悔する気がしたので急遽行くことにした公演です。でも、これは本当に行ってよかったな~と今振り返って思います。
グランドクロス以来の野外LIVEで、天気もすごくよくて。夏ならではですもんね、野外って。
セットリストもそれまでのホールツアーとは違って、新曲は控えて既存のヒット曲をやったり、久しぶりの『瞳の住人』も聴くことが出来ました。夜空の下で聴く『瞳の住人』はまた特別で。すごく気持ちのいいLIVEでした。
そうそう、この公演は初めて母を連れて行ったのですが、すごく楽しんでくれたみたいでそれもまたよかったなと。楽しい夏の思い出ができました。でも、帰ってきてファンになったかと思えばそういうわけでもないみたいで。まあ、のちのちもう1公演参加させてしまいましたが・・・笑
それにしても、LIVE後に飲んだビールは旨かった♪

③8月29日 沖縄コンベンション劇場
当初、8月30日のみの参加予定だったのですが、どうせ行くなら両日行きたいぞって事で、必死でチケットを探して参加した公演です。
初の遠征ラルクです。この日は、サプライズでまさか聴けるなんてという曲が演奏されて。でも、それは嬉しいような悲しいような・・・。
久しぶりのホールラルクに燃えて・・・明日で最後かという思いと明日も見れるって思いと。そんな帰り道でした。

④8月30日 沖縄コンベンション劇場
とうとうきちゃったツアーファイナル。この公演のチケットは弟がLE-CIEL NETで当選させた奇跡の公演。本当にこの時は感謝感謝でした。
この日は高校生の頃から一緒にLIVEにいっているラルクファンのお友達との参加。というか、この公演のチケットが取れたことによりラルクファンでない友達も巻き込んでの沖縄旅行が無理矢理決定したのですが。
会場までは車で行くというセレブっぷり。もちろん行くまでの車ではラルクをガンガンにかけてテンション上げ上げでした。
ツアーのファイナルなるものに参加するのは実は初めてだったので、お客さんの気合の入れようとか、ファイナルならではのサプライズとか・・・いろんなことが体験できた貴重な公演でした。そして、ここでは6月8日戸田でツアーをスタートさせて以来日本中を周り、はたまた韓国まで足を伸ばして数々の公演をやってきた後のまた一つ成長したラルクアンシエルを見ることもできました。終演後には、ビックリするような人との出会いも会ったりして、全部をひっくるめて素晴らしいLIVEでした。

⑤12月20日 さいたまスーパーアリーナ(ゲネプロ)
軽い気持ちでチケットを申し込んでしまったところ、行くことが決定してしまったゲネプロ。ちょっぴり迷いもありましたが、今考えると行って良かったなと思います。
相方は見つからなかったため、夏に続いて今回も母に一緒に行ってもらうことになりました。何にも考えずに行ったら、割といい席でじっくりとステージやメンバーを観察することができました。ほぼツアー初日的な扱いだったので、本当の初日の前に色々わかってしまったこともありましたが、そこまで緊張感のないこんなゆる~いLIVEもたまにはいいかなと。

⑥12月22日 さいたまスーパーアリーナ
この日はゲネプロの日に比べるとだいぶステージから距離がある座席。でもその分ステージ全体を見ることができました。この日は一人参加でしたが、周りの席のお客さんがすんごい盛り上がっていて、私がノリノリで躍り狂っていても全然普通。興奮のあまりお隣の2人組みに休憩中に話しかけてみたり、セットリストはゲネプロで知っていたにも関わらず、まるで知らないかのようにはしゃいでみたり・・と一人参加を存分に楽しんでたLIVEでした。帰り道はひょんなことから知り合ったお友達とその日のLIVEについて熱く語り合いながら帰宅しました。

⑦12月23日 さいたまスーパーアリーナ
行きたい!行きたい!行きたい!と懇願し続けたこの日の公演。参加の1週間前くらいにやっとチケットを譲ってくれる方が見つかってウハウハしていたら、なんだ参加席出るんかい!と。まあ、そんな話は置いておいて。
この日は会社のお友達との参加。この子はラルクは好きだけどLIVEは行ったことないという子で、もしチケット余ったら声かけてねと言っていたので、お誘いしてみると「行く!超行きたい!!」ということで、一緒に行くことになりました。会社では割と大人しいkongさん。今日はお友達もいる手前、大人しく見ようと心に決めていたのですが・・・公演終了後「○○ちゃん、発狂してたね!」と言われてしまいました。あちゃちゃ。だって、セットリストは変えてくるし、前日に心配していたことが吹き飛んだりと発狂せずにはいられないLIVEでしたもので。チケットを譲っていただいた方もお隣にいらしたのですが、公演後に「最初に喋った時にはおっとりした印象を受けたのですが、LIVEが始まったらとてもはしゃいでいて少しビックリしました」とのお恥ずかしいメールを頂いてしまいました。LIVEって楽しまなきゃ損損と思ってしまうし、始まると、どうも興奮を抑えきれなくなってしまうんですよね。人それぞれ楽しみ方は違うと思うのですが、私は動かずにはいられなくなっちゃうタイプなもので・・・。
でも、この日も素晴らしいLIVEが見れたので、2007年思い残すことなくラルクアンシエルを堪能して締めくくることができたなと思います。

”こんなにLIVEに行ったことない=こんなにラルクに貢いだことはない”という公式が成立するかと思うんですが・・・もちろんLIVEだけでなく、CDやらDVDやら雑誌やらグッズやらと今年は本当にいろんなラルクにお金を使いました。振り返って計算してみたら恐ろしい・・・敢えてしませんが。
でも、友達に言われたのです。
「私は好きだったバンドが解散しちゃったから、今はそこまで夢中になれるものがないけれど、今あなたの状況だったら絶対同じことしていると思う」って。社会人になってある程度お金もあって、仕事的にも割りと自由にお休みを取れて。たぶん好きじゃない人からしたら、同じツアーに何度も足を運ぶのって信じられないことだと思うんです。父親にも「どうせ、同じ曲やるんだろ?」って言われたりしますし。でも、好きになって夢中になると、何度行っても、一回一回が違うんですよね。そしてその空間に何度でも足を運びたくなる。これは好きじゃなければ理解できない気持ちなんでしょう。もちろんその人それぞれ価値観があるから、大好きだって一回行ければ大満足って人もいるでしょうけれど、私は行けるのであれば時間とお金の許す限り行きたいなって今は思うのです。
ただ、その友達に最後に「でも、行きすぎには注意ね。」と言われてしまいました。確かに・・・

今年はラルクがいっぱいいっぱい活動してくれたから、付いて行くのは大変だったけど本当に本当に楽しい一年でした。このブログも今年から始めて、今まで知らなかった世界を知ることができてとても楽しかったです。
本当は今年を振り返ってみて、もっといっぱい書きたいことがあったのだけれど、LIVEを振り返るだけで今の所はいっぱいいっぱい。また時間のあるときにでも、その他のことについて振り返ってみようかと思います。(って2008年になってしまったら意味がないか)
来年も既に3回のLIVE参加が決定しており、HYDEソロにも足を運ぶつもりなので、またたくさんLIVEに行く年になるかな。ラルクとしての活動は2008年どうなるのかまだわからないけれど、活動してくれるなら時間とお金の許す限りついて行きたいと思います。


最後にこのブログに足を運んでくれる方々、そして大好きなラルクアンシエルへ・・・
たくさんのhappyをありがとう。そしてこれからもどうぞよろしく。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

新年あけましておめでとうございます。
2007年は本当にラルク漬けな一年だったのですね。(^^)
私は4公演のみの参加でしたがそれでも嘗てない程のラルク年となりましたw
ブログというものを通じて新しい出会いもありましたし、
こうしてコメントさせて頂いたり反対にコメントして頂いたり、とてもうれしいです。
ありがとうございます!
今年もお邪魔させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します(*^ ^*)
今年もkongさんにとって素敵な年となりますように・・♪

2008.01.01 11:32 URL | ray #- [ 編集 ]

☆明けましておめでとうございます☆
2007年はホントにラルクを追い続けた1年でしたよね。
そんな1年を過ごせて幸せでした☆

私もkongさんはおっとりした方という印象なので、LIVE中のkongさんが想像つかないです笑
私は1/9にLIVE一人参加を初体験するんですが、一人参加って絶対楽しいですよね!?
未体験ながらそう思います!
なりふり構わずで楽しんで来ようと思います♪

今年もよろしくお願いしますっ☆

2008.01.02 18:33 URL | tina #x4UmOO7. [ 編集 ]

rayさん

あけましておめでとうございます。
コメントくださったのに、お返事が遅くなってしまい申し訳ないです。
2007年は嘗てないほどのラルク漬けな年でした。気持ちも時間もお金も・・・笑
こちらこそ、今年もたくさんお邪魔させていただきますし、コメントもしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします♪

2008.01.03 22:58 URL | kong #- [ 編集 ]

tinaさん

あけましておめでとうございます。
そして、今年もどうぞよろしくお願いします♪
2007年を一言で表せといわれたら「ラルク」になってしまうかもしれないくらい・・・本当にラルクラルクで頭がいっぱいの年でした。
そう見られちゃうんですよね~。だからLIVE中はちょっとした異常者かもしれないです。
よかったら今度体験してみます?笑
一人参加は病み付きになっちゃうかもしれないですよ。
なりふり構わず楽しんできちゃってください☆

2008.01.03 23:07 URL | kong #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/75-99f70389

記事のトップへ

| ホーム |