FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

巷ではゲネプロやらHYDE氏再起動やらで大騒ぎですね。そんな中、今夜は敢えてラルクアンシエルとは無関係な音楽の話題。このブログにおいてラルク以外の音楽の話題なんて、初めてかしら。ラルクじゃないなら興味ないはという方は、華麗にスルーしてください。では、思い切っていってみます。
実は、先日くるり”ふれあいコンサート ファイナル”に行ってまいりました。12/11、12と横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜国立大ホールで2日間行われたうちの1日目に。



フフフ・・・くるり。ラルクとは180度くらい違いますよね。実はくるり、特に大ファンということでもないのです。ベストアルバムがIPODに入っていて、たまに聞く程度。CDは持っていません(でした)。
じゃあ、なんで行こうと思ったかって??
前々からちょっぴり興味はあったのです。でも、それが行動を行動に移した理由として、まず会場が職場からお家への帰り道で近かったということ。地元に来るってとても嬉しくて。そして何より、今回発売されたアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』を完全再現というコンセプトのLIVEだということ。今回のアルバム、オーケストラとのコラボレーションで作られた作品なのです。だからLIVEもオーケストラと一緒にやりましょうというわけ。なんだかとっても素敵そうでしょ。ということで、意気揚々と行って来たのです。初くるりにして、なんと一人参加。もう一人で行くとかへっちゃらです。むしろ快感にすらなってきちゃっているかもしれないくらい。

会場が職場から近いということで,仕事が終わったその足で向かいました。会場に入ると、オールスタンディングならぬ全着席制。ボーカルの岸田さん曰く,「立ち上がったら,SPに撃たれます」と。
ステージ上にはオーケストラとバンドメンバー、そして指揮者というなかなか普通では見られない光景。ステージはセットに凝っているという感じではなく、ごくシンプルなもので、本当に純粋に音楽を聴きましょうという空間。でも、みんなしっかり正装でしたけども。
実は私このコンサートに行くことが決まってからアルバムを購入しまして。しかも,『KISS』と同じ日に。(序でとも言いますが・・・)最近はめっきり『KISS』浸りな生活を送っていたので、こちらのアルバムはあんまり聞き込めていなかったのです。だから大丈夫だろうかとちょっとばかし不安だったのですが。始まってみると、そんなこと関係ないくらいに楽しめました。
ん、もう本当に素晴らしかった。オーケストラの壮大な演奏で始まり、2曲目からメンバー登場。前半後半に分かれた2部構成で、間には15分間の休憩タイムもあり。LIVEというより本当にコンサートといった感じ。曲が終わるとわっと拍手が起きて、曲間では次の曲へいくのをみんながじっと静かに待っていて。ラルクでは有り得ない光景ですね。だから、岸田さんが水を飲む音も会場中にそっと聞こえるのです。本当に心地いい空間でした。座りながらじっくりと演奏を音を楽しむことができました。
前半後半が終わった後はお決まりのアンコール。ここで終わりかと思いきや、アンコールが終わった後も鳴り止まぬスタンディングオベーション。というわけで、急遽予定外の(?)one more アンコール開催。私がアルバムの中で1番お気に入りの『ブレーメン』をもう一度演奏してくれました。この時ばかりは、みんな立ち上がって感動を分かち合って、もう終わった後も大喝采。本当に素晴らしかったし、感動しました。
最近はめっきりラルクラルクだった私にとっては、いろんなことが初めて尽くしで、新鮮で、行って良かったなって心から思いました。ラルク以外のアーティストで久しぶりにここまで魅力を感じたかもしれない。
くるりがいつもどんなLIVEをやっているのかは知らないし、今回はおそらく”特別バージョン”だったのだろうとは思うのですが、また行きたいなって思いました、心から。

帰り道、ふと私がアーティストを好きになる時の理由の1つには”ボーカルの魅力”が欠かせないんだなと改めて実感。もちろん、曲が好みなことは絶対条件として、他の大きな要因の一つとして、ボーカルはデカいですね。hydeに関してはここで今更敢えて言うまでもないとして、くるりの岸田さんもね、声がとても素敵です。hydeとはまた全然違うタイプの声だし、歌い方だけれど、一夜にしてまっすぐに伸びる声の虜になりました。そして、ゆるい感じの京都訛りもたまりません。人間としても、なんだか惹きつけられる魅力を感じますし。どうやら病み付きになってしまいそう。
これを読んで気になった方、是非こちらをどうぞ。

ワルツを踊れ Tanz Walzerワルツを踊れ Tanz Walzer
(2007/06/27)
くるり

商品詳細を見る


でも,気付けば来週からはいよいよ『THEATER OF KISS』の開幕。ちゃっかり12月20日のゲネプロまでも参加することになりました。また頭をラルクモードに戻さなくちゃ。


スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

私のウォークマンにはラルクとソロしか入ってないんですよ~
偏った人生を送っております笑

このアルバムって、オーストリアのウィーンで録ったというものですよね。何かの番組を見ていた時にゲストがくるりで言ってました!
くるりも聴かれるんですね!
私は1曲しかでてこないです笑
私はバイオリンの音色が好きなのでコンサート風というのは良いかもしれません☆

2007.12.14 01:09 URL | tina #x4UmOO7. [ 編集 ]

くるりかぁー。いいですね♪
とは言っても私全然詳しくないんですけれどね(^^;)
オケと一緒というのがすごくいいです。
私もバンド+ストリングスとか大好き!!なので(^^)
ラルク以外の音楽だと今は9mmとワンオクがキテますw
でもラルクが不動のTOPですけれど♪
色々な音楽聴くのって楽しいですよね!

2007.12.15 03:12 URL | ray #- [ 編集 ]

tinaさん

私も基本的には偏った人生を送っています。笑
だから、今回は本当に珍しいことなのです。しかも、ラルクに夢中で仕方ないこの時期に。逆にそんな時期だからこそ、他の音楽も耳にしてみようって想いがあったのかもしれませんが。
そうそう、よく御存知で!コンサートのフライヤーには、ちゃっかりオーストリアの観光ガイドがついておりました。
バイオリンの音色が好きなら、このアルバムはオススメですよ~☆
もし、ちょっぴりラルクが飽きたなら、是非聞いてみてください♪

2007.12.15 03:26 URL | kong #- [ 編集 ]

rayさん

私も全然詳しくないんです。むしろ、よくその状態でLIVE行ったな!ってくらい。汗
でも、曲知らなくっても関係なく楽しめるんですよね。う~ん、やっぱり生って素敵☆音楽って素敵☆
それにしても、私最近の音楽を全然知らないもので・・・9mmとワンオクって??!!
勉強不足でごめんなさい。
IPodに入れている色々なアーティストの音楽を聴いて、ラルクに戻ってくるとなんだか物凄く安心するんですよね。
やっぱり私のホームはラルクのようです♪

2007.12.15 03:35 URL | kong #- [ 編集 ]

kongさんの、やっぱりホームはラルク、という気持ちすごくよくわかります!
色んな音楽聴いてて楽しいけれど、やっぱりラルクなんですよねぇ♪
因みに9mmは『9mm Parabellum Bullet』というバンドで読み方は良くワカリマセン(^^;)
確か吉井さんが絶賛してるとかなんとか?
あとワンオクは『ONE OK ROCK』でこれまた略し方が正しいかは不明です・・(^^;A)
どちらも1stフルアルバムが出たばかりの若いバンドですw
若さと勢いってすごいなぁって感じの音楽です。
個人的な好みでいうとこの2組はかなりセンスのいい楽曲が多いと思ってます。
ワンオクはボーカルにも注目してます。
あまりの方向転換に最初、元NEWSの子だと知らなくて。
すごい歌唱力というかリズム感というか言葉運びがすごいんです。
hydeさんとは全然方向が違うので、私には新鮮なのかも?

だけどやっぱり、ホームはラルク!ということで
今日も『KISS』リピート率が高めな私です(*^ ^*)


2007.12.15 12:58 URL | ray #- [ 編集 ]

rayさん

御教授いただいてありがとうございます。
ほほ~そんな方たちなんですね。今度機会があったら聞いてみようと思います。
確かにラルクはもう若い爆発!って感じではないですからね、そういう音楽ってなんだか新鮮に感じるのかもしれないですね。
でも、しばらくは『KISS』ですかね。LIVE行く前に聞いて、んでLIVEに行ったら行ったでまた物凄い聞きたい衝動に駆られるに違いありません。なので、その他の音楽はしばらくお預けになりそうです。

2007.12.16 11:36 URL | kong #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/66-6ad654e6

記事のトップへ

| ホーム |