kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

おかえりなさい。 

2014.01.25 09:55

まずは、あけましておめでとうございます(遅ッ)。
今年も「書きたいときだけ書く」をモットーに、マイペースにやってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そんなわけで早速「書きたいこと」が新年早々飛び込んできました。
我らがラルクの国立2daysLIVEーーー!!!!!
どどーんッ!!!

まず、1月8日の第1報があり、翌日の公式発表、そしてLE-CIELチケット先行当落。
無事に両日チケットが確保できたので、やっとこさ腰を落ち着けて記事が書けます。

正直、私はそんなにラルクを待っていなかったのです。というか、期待していなかったという方が正しいかな。
今年はガッツリVAMPSが世界を暴れまわる年だと思っていたから。
そこに関しては、根っからのはいどファンな私は、前々から言っているようにはいどのやりたいように、やりたいとこまでとことんやってほしいって思いがあったから、何の文句もなく応援態勢です。
去年後半のインタビューで、度々HYDEとしてどこまでやれるか、その爪跡を残したい、というような発言をしていたから。
それを成し得るのは、はいどの中ではhydeではなく、HYDEだということ。
ちょっぴり悲しいけど、もうそこは受け入れるしかない事実。
L'7のドキュメンタリーにて、hydeが「ラルクはみんなの夢」と言っていたけれど、はいどにとって「VAMPSはHYDEの夢」なんだよね。
大好きな人には大好きなことをして輝いていてほしい!だから、私は何の不満もなく、はいどの活動を応援できる。
その思いは今もまったく変わらない。

でもね、やっぱりラルクがLIVEをするってこんなに幸せなことだったんだって今回改めて改めて感じました。

最初は何のことやら訳がわからず、何があった?と悪いことしか考えられなかった。
だって、前のLIVEからたったの2年弱でLIVEするなんて。今年はカレンダーだって出なかったし、年賀状だって撮りおろしじゃなかったしさ…。
だから、なかなか嬉しいという感情に辿り着けなかった。しかもそこに追い討ちをかけるようにLE-CIELからの意味深なメール。
仕事中も色んなことを考えて悶々としてたら、ご近所のハナ子氏から「ちょっとビール2,3杯飲みに行かない?」とナイスタイミングで誘いがあったので、行き着け(?)の焼き鳥屋のカウンターにて延々ラルクについてあーだこーだ話しておりました。一体何杯飲んだのか覚えてないほど白熱して。
その時にやっと「嬉しい」って感情に辿り着けた気がします。


国立でのLIVEに関しては、何の期待もしないで行くつもりです。
期待をしないと言うのは悪い意味ではなく、ただそこでラルクがLIVEしてくれるだけで私は満足だから。
4人が久しぶりに一つのステージに立ち、一つの音楽を演奏してくれるだけで、それだけで幸せ。
セトリについても、あれが聴きたいこれが聴きたいなんて言いません。
演出だって大したことしなくていいから。
きっと突然に決まったLIVEなんでしょう。
HYDEはガッツリその前後にVAMPSの活動もあるし。
だから準備期間だって少ししかないはず。
でも、信じてる。きっと素晴らしいステージを魅せてくれるって。

ただ一つだけわがままを言えるなら、私にも青空の下で「In the Air」を聴かせてください。

あと2か月。きっとあっという間にきて、あっという間に過ぎ去って行くんだろうな。
でも、その瞬間を全力で楽しもう。
だって、「国立は祭りだ!」でしょ?

スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/548-e4b4d707

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。