FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

おかえりなさい。 

2012.05.06 23:41

ワールドツアー海外全10公演、おつかれさまー!

昨晩、2012年ワールドツアー海外公演最後の地(ハワイ除く)である韓国でもあたたかいファンに迎えられ、無事終了したようで何より。


そのニュースを目にしたときは、おいしくお酒を飲んでいたこともあって、一人大興奮して荒ぶりツイートをしてしまいました。

だって…
やっと日本に帰ってきてくれることが嬉しくって嬉しくって仕方ないんだもの!!!

凱旋公演(いや、失敬。来日公演か!)は、有り難いことに全公演行かせていただくことができます。
幾ら直前に発表されようが土日でLIVEをやってくれる限りは対応できる、月金で働いているOLの強みであります。


今回のワールドツアー、2008年の時と比べると、現地の情報がリアルタイムでどんどん入ってきた。
これもツイッターのお陰。
なので、セトリだけでなく、MCやら、その日の表情やら、ちょっとしたエピソードに至るまで、いろんな情報を即座に知ることができました。
だから、海外でやっているのに国内でやっているのと変わらないくらい近くに感じることが出来た。

そこで目にしたのは、どこの国においても、歓迎される彼らの姿。

日本にいると、どれだけ彼らが海外で愛されているのかってわかっているようで、全然わかっていなかったんだなーっと思ったものです。
その様子を見るのは、素直に嬉しかった。
私なんかがそう感じたんだから、きっと当の本人たちは、その何百倍も嬉しかったに違いない。

だからか、ステージ上の彼らはキラキラと輝いていた。正直、その姿にちょっと嫉妬したりもしました。
けんちゃんなんでそんなに笑顔なのーとか、はいどちゃんなんでそんなに美しいのーとか、ね。
フランスで「虹」を「L'Arc~en~Ciel」と紹介したことや、ジャカルタではforbiddenでhydeの涙が止まらなかったことなんかも海外ならではだなと羨ましく思いました。


でも、そんな彼らを来週末にはこの目で、耳で、肌で感じることができる。
やっと帰ってくる。
そして「おかえり」って言葉をかけてあげることができる。笑顔で迎えてあげることができる。
…なんて幸せなんだろう。


LIVEはもちろん楽しみ。
まだ聞けてないBUTTERFLYのshade of seasonが聞けることや、L'7の時のように海外公演とは違ったサプライズ選曲もしてくれるんじゃなかろうかと、地味に期待してます。
でもね、今はただ、久しぶりに彼らの姿をこの目で見れること、ただそれだけが楽しみで仕方ない。

”離れてみて初めて気付く有り難味”じゃないけどさ、海外へ行っちゃってる間、いとおしくて仕方なかった。
もちろんラルクはみんなのラルクだし、国境を越えて愛されてることも嬉しい。それを証明して見せてくれたのも
ラルクだから。
だけど、日本で生まれたバンドだから。
だからさ、「日本のファン、最高だぜ」って思わせてやりたい。
やっぱりホームは日本だなって思わせてやりたい。

…って、こんなこと海外のファンが見たら怒ってしまうよね…ごめんなさい。

ただただラルクが好きなだけなんです。だたそれだけ。
溢れる思いをどうしようもできなくて吐露させていただきました。


あと1週間。
そこから始まる怒涛の3週間。きっとあっという間に終っちゃうんだろうな。
20周年の締めくくり、ハワイのために出し惜しみなんかせずに、ドカンとでっかい花火を打ち上げて私たちを満足させてちょうだいね。

まずは横浜。
何の心配もせずに私たち日本のファンの胸に飛び込んでおいで!
「おかえり」って笑顔で迎えてあげるから。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

このコメントは管理者の承認待ちです

2012.05.14 22:58  | # [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/529-8ae0496b

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。