FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

スポンサーサイト 

--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『THE hyDE』、昨日近所の本屋で入手しました。でも、まだ読んでいません。
なんとなく、明日の0時を回ってから読みたい気がして、ビニールも開けずに、そのまま置いてあります。


本来であればAmazonで注文した私は、発送予定が1月31日になっていたから、しばらくお預けの予定でした。
でも、何やら昨日から入荷している書店があるらしいとの噂を耳にして、軽い気持ちで寄った近所の本屋にちゃんと平積みされておりました。
目の前にあるのに買わないわけにはいかんだろうと、ほぼ無一文になりながらも、購入。
7冊平積みにされていたので、なんとなく上から6冊目を選びました。

手にしたらすごくドキドキして嬉しくなったけど、最初はこの本に少しだけ抵抗を感じていたんだよね、私。
今までベールに包まれていた、と言ってもファンなら公然の秘密として、プロフィールなんてとっくに知っていたし、だからどうしてわざわざ公表するのかってちょっと思っていました。

というか、きっとそれを一般の人たちに公開することで、面白がってネタにされてしまうことが恐かったんだと思う。
hydeって、やっぱりどこか人間離れした魅力があると思うから、そんな今更地上に降り立ってくれなくてもいいのにって。
そのままの存在でいて欲しかったなって。

でも、きっと長く活動をしてきた中で、本人にしかわからない生き辛さや痛みや苦しみ、葛藤があったのかなとも思いました。

だって、ほら、歯を矯正した時だって、ファンの間では「あのちょっと悪い歯並びが可愛かったのに」って言葉を聞いたけど、本人としては噛み合わせが悪いだとか本人にしかわからない理由があったわけでしょ。
なんかそれと一緒なのかなって思ったり。

私は基本的に彼のやることには、ある程度理解を示せるし、受け入れる態勢が出来ている。
それは世間からすればいわゆる”盲目”ってヤツなのかもしれないけど、でも自分では愛情の現われだとおもっているつもり。

だから今回本を出版することについても、前向きに受け入れようと思ったし。
最近のインタビューなんかを読んでいると一段上に行きたいんだろうなって思いも感じたりするから、区切りでもあるんだろうなと。


だけど、本を手にして背表紙を見たときにはやっぱりちょっとドキっとした。
ツイッターでなんとなく情報は漏れてたけど、実際に文字を目の当たりにすると、やっぱりちょっと心臓に悪い。あっ、でもローマ字標記だったからまだ衝撃はそこまでじゃなかったけど。
きっと中には漢字四文字で登場するんだよね。

手にした今でも、読みたいワクワク半分、読みたくないドキドキ半分。
一気に読みたい気持ち半分、ゆっくり咀嚼しながら読みたい気持ち半分。


前から何度も書いているけど、面倒くさいファンなんだよね、私。
hydeのことが、アーティストととしてはもちろん、一人の人間として大好き。
好きで好きでたまらない。
だから気にしなくていいようなことも、おかしいくらいに気にして、勝手に悩んで落ち込んで。
そんな私なので、『THE hyDE』を読むことは、楽しみだけど、ちょっと恐い。
すでに裏表紙の目次を見ただけでもドキドキが止まらない。
気になるワードがいくつもある。

ここに語られていることがhydeの全てではないけれど、すべてが事実であることに変わりはないだろうから。
心して読ませていただきます。

ただ一つ言えることは、これを読んだ後も私のhydeに対する思いは変わらないってこと。
今までもこれからも、好きだと言う思いだけは変わりません。何があっても。

ただし、読み終わった後に更に好きになっている可能性は否めませんが。笑

解禁まで残り24時間。
・・・これからも夢のある世界を見せてくれることを願って。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/513-af18c64e

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。