FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

ここ2日くらいなぜかシドばかり聞いているkongです、どうもこんばんは。
シドにははまらないと思っていたのに、先日のJACK以来耳について離れません。なんか、ちょっと悔しい。笑
と、それは置いておいて。

昨日途中で断念したJACK IN THE BOX 2009 in SUMMERの後半戦。(前半戦はコチラ

きっとVAMPSのところだけやたらと詳しいかとは思いますが、そこは突っ込まないであげてください。笑
tetsu
王子降臨!
しかし、その瞬間を見事に見逃しました。ごめんなさい。
実は、BREAKERSで一旦抜けて、休憩したり腹ごしらえしたりとのんびりしていたらもう登場しちゃってました。笑
L'ファンとしたことが!
R1ブロックに入ろうとしたら、入場規制中で入れなかったので、この初となる上手側(L1)へ。こちらはまだまだ余裕があったので入れました。
そうそう、上手側へ移動するときに関係者席のところを通ったらコメットさん発見!しっかり仕事してました。そして、もうお一方発見した方が居ましたが、ここでは伏せておくことにします(意味深)。
この日のおtestuは、バナナマンズ?とか書かれたTシャツにスカート、パンツと珍しくシンプル!私好き!もっと言えばスカートもなくてよかったけど。
「宇宙一早く」のキャッチコピーで新曲も披露してくれました。でも、歌詞の出だしが「キラキラ~」だったのに、「自分のことかーい!」と思わず心の中で突っ込み(もちろん愛を込めて)。
カラフル銀テープも飛び出して、まさにキラキラステージ健在。
「今年人前に出るの初めて」って言ってたけど、そういえばそうだった!なんかL'ミュージアムとかあったから、どこかで見たような気になってたわ。てっちゃんも元気そうでよかった。
イナズマには行かないけど、そこでもキラキラ炸裂させてきてね。

DEAD END
一体どんなステージになるのか、期待と好奇心で言ったらこの日一番だったのがこのステージでした。
DEAD END自体は、リアルタイムで知らないけれど、自分の大好きなアーティストが尊敬している人と言えば、やっぱり期待は膨らむのがファンってもんです。
Morrieさま、一体どんな方なのか。ドキドキしながら登場を待ちました。
暗転して、遂に登場。メンバーが順々に登場する中、お客さんでも割りと年齢層の高いしかも男性がすごい声を上げていました。そりゃそうだよね・・・20年ぶりの降臨だもの!
そして、遂にMorrieさま登場。
なんかちょっと鳥肌が立ちました。ものすごいオーラ!目が合ったら石になるってのもあながち嘘じゃなさそうな・・・本当そんなオーラ。
曲は予習していかなかったから、わからなかったけど、それでも歌のうまさはひしひし伝わってきました。
それから、ギターもすごいし、ベースもすごいし、ドラムもすんごい!ドラムについてはJu-kenのブログでも書かれてましたね。やっぱり、すげー人なんだ!
でも、なんと言ってもMorrieさまが圧倒的でした。なのに、ぽろっと喋った時に関西弁が飛び出したのには衝撃でした。後で調べてみたけど、関西出身だったのね。
圧倒されっぱなしのステージ。私完全にMorrieさまの虜になって帰ってきました。
今度やるCreature Creature行ってみようかな。でも、ちょっと一人で足を踏み入れる勇気が・・・誰か一緒に行きませんかー?

シドの次はいよいよVAMPS登場のため、シド前にちょっと場所を前方花道よりに移動。でも、前も花道横も大混雑で、あんまりステージには近づけず・・・まあ、いいさVAMPSはUSJでたっぷり堪能するから!

シド
シドが登場して、歌い始めようかとしたところで、何やら機材トラブル発生。マオにゃんが花道をファッションショーと歩いてうまいこともたせてました。えらいぞ!
んで、準備が整ってマオにゃんそのまま花道上で1曲目の『嘘』スタート。それがちょうど私がいた延長線上くらいのところだったので、いいもん見させていただきました。
『夏恋』もちょうど予習していった曲だったので(しかもお気に入り)、楽しくノレました。
そして、私はじめて咲いてみました!笑
っつっても5分咲きぐらいだけど・・・やってみると意外と楽しかったり。
『ドラマ』では周りでヘドバン発生!シドでもヘドバンするんだね。最後は『私は雨』でしっとりと歌い上げて締め。しかしマオにゃん歌上手だね。そして、明希様すてきでした。

VAMPS
どれだけ出番を待ったことか。長かった。でも、暴れられるだけの体力はまだ残っております・・・愛です、愛。
自然と会場VAMPSコールが巻き起こる!さすが・・・マーヴェリックを背負っていると言っても過言じゃないね、HYDEは。
そして、聴こえてきたのは『LOVE ADDICT』!「ジャッジャジャララジャッジャジャジャララ♪」とギターの音が聴こえてきて、ノリ出したと思ったら一旦途切れる。そして、間をおいてそのギターの繰り返し。メンバーが順々に登場!Ju-kenやっぱりこの会場で見てもはえるわ!アーリーは珍しくちゃんと服着てる!笑 JINさんもばっちりメイクできまっとる!K.A.Zがいないと探したら知らぬますぐ近くの花道でギター弾いてました。メッシュの色変わった?そして我らがハイディーわ堂々の超ラフなタンクトップで登場!おかえり、VAMPSご一行様!
そして、始まった『LOVE ADDICT』!もう一曲目から大爆発で踊り狂わせて頂きました。やっぱりこの音がしっくりくるんだわ!HYDEはさすがにちょっとお疲れ気味っぽかったけど、かっこいいステージングは相変わらず。さすが大物新人BAND!笑
そのまま『REDRUM』で、会場を一気に盛り上げ、こっちもさらに踊りまくる。でも、私達が居た場所・・・悲しいことにアウェイ感満載。ノってる人もいたけど、躍り狂ってたのは私と相方だけ。でも、もうそんなこと関係ないとばかりに暴れたおしました。
そして、MC。
「まくはってますか?」がお気に入りらしくそればっか。あとは「あんまり時間ないんだけど、先輩達も見てるからかっこいいとこ見せてくれよ!」とかね。んで、「次の曲・・・あれ、なんだっけ?」っておい、HYDE!なんて場面もありました。
で、始まったのが『TROUBLE』!まさか、ここでこれやるとはー!踊ってるの私と相方二人だけ!でも、めっちゃ楽しい!こんなんだったら、もっと後ろのスペースあるところで見とけばよかったわとちょっと後悔したけど、なんとか周りに迷惑をかけないように上手に踊っときました。
そして、『DOLLY』こちらも思わぬ選曲にビックリ。間奏のところでHYDE花道にやってきたー!と思ったら私達の横はすぐさま通り過ぎて、花道の果てまでいってしまいました。そしたらそこにはさっきまでなかったスタンドマイクが。なんとHYDE用にいつのまにやら設置されておりました。さすがです。そこで、『DOLLY』を歌い上げて再度MC。
「こんなにたくさん人がいたら僕好みの女の子がいるかな?」みたいなことを言って「こひつじちゃ~ん」って・・・そう、そういう流れです。メンバーにいいよみたいな合図を送って、始まったのは『HUNTING』!と始まったら、HYDEがステージから消えたー!と思ったら、またもや下に降りてましたよ。まったく本当そういうの大好きなんだから!そして、その辺に陣取ってた人たちが羨ましい!お客さんに触られまくってたけど、とっても楽しそうなHYDE。よかったね。
花道に戻った後も、花道横のお客さんの方を覗き込むような真似をしつつ、ステージへ帰還。一人だけしっかり遊んじゃって!
んで、最後はもちろん『SEX BLOOD~』!
踊れや騒げやで、ほとんどステージ見ることなく終了。でも、K.A.Zの華麗なギター回しはちゃんと目におさめました。
会場をあっという間に自分達の世界に持っていったVAMPS!さすがでした。

44MAGNUM
VAMPSが終ると、どんどんお客さんが後ろに抜けていくので、最後の力を振り絞って花道にもうちょい接近した場所を確保。
大ベテランの44MAGNUMの登場。でしたが、私VAMPSで精魂尽き果てたためもう手を振り上げるのが精一杯。あんまり動けなかった・・・ポールさんごめんよ。でも、ここでサプライズが!
「今回セッション少ないなーって思ってるでしょ」「だからここでゲストを呼ぼうと思います」とポールさん。えっ?ちょちょちょっ!!!「先日ツアーを終えた、L'Arc~en~Cielのken!」
ででででたーーーー!ライオンTシャツ着たkenちゃんが笑顔で登場。もう、びっくりしすぎて、さっきまでの疲れが吹っ飛びました。恐るべきL'効果!
ってことで、Ken TOURでもカバーしてた『STREET ROCK'N ROLLER』を一緒に歌うkenちゃん。それがまたかわいいんだな!メンバーにも積極的に絡みにいっていて、ニコニコkenちゃんが見れました。
そして、このあとポールさんの感動のMC。
「他の事務所はどうか知らないけれど、マーヴェリックは先輩後輩あるけれども、みんなリスペクトしあってる」「だから、kyoにだって喧嘩売るし、hydeにだってけんか売るし・・・」「みんなでこれからもマーヴェリックを守っていこう」って。これだけだと、なんおこっちゃよくわからないけれど、すごく感動のMCだったんですよ、ここ!
いいもん見せてもらった。ありがとう、ポールさん!

44MAGNUMが終ると、いよいよフィナーレ。
でもね、この最後がもうすごかった!!!


MAVERICK DC SUPER ALL STARS

まずは、44MAGNUMのメンバーが登場。
んで、ポールさんが順々にメンバーを呼び込んでいく。
オーケンや、達瑯(筋少の特攻服で登場)、マオ、DAIGO、左迅、龍寺・・・そしてkyoさんも来た!清春もまだ残ってた!Morrieさんも出てきてくれた!そして最後は・・・ってか、このメンツで最後に登場するなんて、さすが!のhyde。この時ポールさんが「L'Arc~en~Cielからhyde」って呼んでくれたのがすごい嬉しかったな。きっと同じように思ったL'ファンはたっくさんいたはず。そして登場したhydeはポールさんの手の甲に跪いてキス。この人ったらもう本当にどこまで!
ヴォーカルが全員出揃ったところで、「みんなでてこーい」と全メンバーを呼び込みました。
ここで、私が探した人とはただ一人。出てきて、ゆきひろ先生!と願ったらあっさりでてきたー!
その姿もう・・・いつものユッキーでした。さっきのacidの時とは別物のいつものユッキー。眼鏡かけて片手にはスーパーの袋をぶら下げてその中にはサインボール。そしてもう片方の手にはカフェラテ(あのコンビにとかで売ってるやつ)。そんな姿で出てきたユッキーが愛しすぎてたまらなかったよ!その近くにkenちゃんも現れたりして・・・さすがに喋ったりはしてなかったと思うけど、あの二人が同じ視界に収まったことが嬉しかったな。
『SATISFACTION』の演奏が始まったけども、ぶっちゃけ歌どころじゃありゃしません。私の目はhydeとユッキーを追いかけるので大忙し。
hydeは出てきたら一番端っこに引っ込んじゃったんだけど、歌が始まったらいそいそと移動。その時だったか、清春とハグしてた。あの清春と。なんかもうそれ見た瞬間ちょっと震えました。それから、ドラム前に座っていたMorrieさんの横にちょこんと座って、大好きな女の子と喋るかのようなデレデレ顔で喋ってて、すんごい嬉しそうだったな。
あと気が付いたらken+K.A.Z+ユッキーなんて3ショットも見れたりして大興奮。いや、別に何か喋ってたわけじゃないんだけど、その3人が同じフレームに収まっただけでなんかすごいレア感がね。
すぐ横の花道にはいろんな人たちが来ていたけど、そういえばまったく見てない・・・あっ、でもたつひちゃんだけはちゃんと手を振りました。(ちゃっかり)
結局hydeもユッキーもkenちゃんも誰一人花道には来てくれなかったけど、そんな彼らが1つのステージ上にいるその姿が見れただけで大満足です。
帰り際hydeと清春が喋ってるところも見れたし・・・お腹いっぱいなフィナーレでした。
あっ、お気づきかもしれませんがおtestuさんはあらわれませんでしたよ・・・うん、てっちゃんはそれでいいよ!

これにて、約9時間半に及んだJACK IN THE BOX 2009 in SUMMERは無事に幕を閉じました。
すっごい疲れたけど、すっごい楽しい一日でした。
ありがとう、マーヴェリック。
この調子だと、きっと来年もやるんだろうね。もちろん参加しますとも!
でも、その前に冬の武道館。
また楽しいステージと今度はドキドキのセッションが見れること、楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

引き続きありがとうございます!
レポお疲れ様でした!
とりあえずVAMPSの動きの詳細が分かって良かった。よく動き回ったんだなあ…大サービスですね!
しかも「こひつじちゃん」の流れ…考えてたんだろうなハイディ。愛しいやつめ!
そしてDEAD ENDもやはりすごかったんですね~。名前しか知らないもんだから、どんなに凄いんじゃと思ってましたけど、その高まる期待感の中でもちゃんと「かっけー」って言わせられるって、すごいですね。

オールスターズは歌なんてただのBGMですね(笑)
テッちゃん…。やはり…。まあ彼らしさを貫いてもらえたので良かった!さすがキラキラ王子☆

レポとライブ、お疲れ様でした!

2009.08.18 22:03 URL | ハナ太郎 #- [ 編集 ]

ハナ太郎さん

こんなレポを読んで下さってこちらこそありがとうございます。
今回の目標は”帰国後の成長したVAMPSの模様とHYDEの小悪魔っぷりを伝えること”だったので、目標はまずまず達成かな。頑張った甲斐がありました!

DEAD ENDってか、Morrieさまを是非一度生で体感していただきたいです。
ありゃ本物の悪魔ですよ!笑

tetsuは最初からそういうことになると思ってたので、もう何も言うまい。
彼に関しては、楽しく音楽をやってくれて、L'のマネージメントをしっかりとしてくれれば私は満足ですから。(あれ?冷たいかしら・・・)

あっ、そういえば先日もらったCDにシドもいっぱいれてくれてたのは、私がシドにはまりだすと先読みしてのことですか?笑
(だいぶ助かってます!)

2009.08.19 22:12 URL | kong #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/377-053f4adb

記事のトップへ

| ホーム |