FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

I wish 

2007.07.26 01:03

今日でようやく一段落。

何がって?そう、以前に書いたこちらが。

結果はどうあれ、とりあえず終わったことで夏の憂鬱とはBye-Bye。

って、そんな簡単に切り替えられる性格ではないのですが、しばらくゆっくりしてまた長い目で見たビジョンを構築していこうと思います。

そう。だからこの残りの夏は、ラルクに向かってまっしぐら!

LE-CIELのツアー特設ページを見ると、日本地図に公演が終わった所はシエルちゃんがご当地バージョンで掲載されていて、一目でどこの公演が終了していて、あとどれだけ残っているのかがわかりますね。
気付けば、もうかなりの数の公演が終わっていて・・・この前始まったばかりだと思っていたのに。
なんだか寂しいですね。
LIVEって、始まる前はドキドキドキドキして、あと何日で・・・とか考えているのに、夢のような時間はあっというまに終わってしまい、なんて切ないんでしょう。

最近、ふと考えるのが、これから生きていく中で私はラルクアンシエルに関して、どれだけの曲を聴くことができて、どれだけの数のLIVEに参加できるのかなって事。
大袈裟かもしれないけれど、なんだか考えてしまうと止まらなくなる。
先日、息抜きのお時間に活動休止中や活動開始後(SMILE発売あたり)に出た雑誌のインタビューを読んでいて、「もしかしたら、今ラルクアンシエルっていう存在はなかったのかもしれなかったんだな」って思いまして、改めて”ありがとう”と心から感謝しました。
だって、もしあのままラルクアンシエルがなくなっていたとしたら、彼らが作り出す新たな曲を耳にすることもできなかったし、心の底から楽しくって嬉しくって、もうどうしようもないLIVEを見ることもできなかったのだから。
ラルクは、もちろん個人も好きだけれど、やっぱり4人でラルクだし、彼ら4人が作り出す、音楽が、LIVEが、空気が堪らなく私は好きですから。
いつまでも、ラルクアンシエルであることを心から願います。


スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

「夏の憂鬱とBye-Bye」うらやましいです。
私はまだまだ続行中で・・・

ホントに一度勉強から離れると戻れないですよね。
と言っても、私はまだ学生ですが、それどもやっぱり受験生には戻れないです。頭ではしなきゃいけないことわかってるんですがなかなかできませんね。
ラルク時間が多すぎるのも実は問題で(笑)


私も、人生でどれくらいLIVEに行けるだろうって考えますよ~
私は数年前まで、LIVEに行かなくても全然平気な人だったんですが、
あるとき急にLIVE行かなきゃって思いました。
それはラルクが駆け出しの新人アーティストなどではないってことを急に認識したからなんです、なぜか。
これまでたくさんのLIVEをしてきて、これからしてくれるLIVEとどっちが多いんだろうって思ったら、LIVE行かなきゃ!!ってなりました。
だから今回のホールTOURも絶対行きたかったんですよね。
次いつしてくれるかわかりませんから!
ってこれ、tetsuさん戦略に乗っちゃってますけど(笑)

2007.07.27 22:47 URL | tina #x4UmOO7. [ 編集 ]

私も先日、会社で強制的に受けさせられる資格試験を受けました。
もちろん、それに向けて勉強しなきゃいけなかったわけで。。。
ギリギリになってやっと勉強しました(笑
なかなか、勉強はできないですね^^;

ラルクも同感です><
活動休止してソロ活動が始まって‥‥そのまま‥‥なんてことも
可能性としてあったかなと。
でもそうはならなかった。こうして新曲を出して、ライブをしてくれて、、、、
たくさんの人に幸せを運んでくれてます★
ほんとうに「ありがとう」ですね(*´ェ`*)

2007.07.27 23:26 URL | こえだ #e2xIBKiE [ 編集 ]

tinaさん

そうなんですよね、勉強って一度離れるとなかなか受験生モードには戻れなくって。
しかも、今回はラルクのツアーという大きな障害が私の前に立ちはだかったわけで・・・。(これは言い訳にしかすぎませんが。。。)

LIVE、特に今回はホールっていうとっても小さい空間で彼らを感じれるわけで、もう行かずにはいられないですよね。
行かなきゃ損損!!
どんどん、戦略に乗っちゃいましょ♪

彼らのよさは、LIVEにありだと私は思っています。
なんか、もうその空間にいるだけで自然と笑顔、時には絶叫しちゃいますからね。
あれは魔法ですね。うん。
ラニバの時にhydeが言っていた「次は30周年かと思いますが・・・」って言葉。
現実になることを願います。
腰が曲がっても見に行くゼイ!


こえださん

社会人になると、机に向かって勉強するってことからは遠ざかってしまいますものね。
こえださんもお疲れ様でした。
私もギリギリになって、やっと本気になったかと思いきや、手遅れだったりで・・・いかんですな。。。

ラルクは、解散危機みたいな時期もあったのでしょうが、でもそれがあったから今のラルクがあるんだなって思うと、必要なステップだったのでしょうね。
どんどんいいバンドになっていってるなって思いますからね。

これからも、きっとたくさんの幸せを運んできてくれることでしょう。
ホント、ありがとうですね。






2007.07.28 02:15 URL | kong #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://kong13.blog103.fc2.com/tb.php/22-31a8ffd7

記事のトップへ

| ホーム |