FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

先日私もKenちゃん握手会inラゾーナ川崎へ行ってまいりました。

まさか、kenちゃんと握手できる日が来るなんて、夢にも思っていなかったな。

当日は生憎のお天気に季節はずれの寒さ・・・いろんなことが辛かったけど、Kenちゃんを目の前にして、手を握って、目を合わせてらそんな辛かったことは一瞬にして吹っ飛んでいって、ふわふわしたとっても幸せな気持ちになりました。

一瞬の出来事で、舞い上がって、Kenちゃんの手の感触とかは全然記憶に残っていないけれど、手をしっかりと握ってくれたことはちゃんと覚えています。

何を言おうか、どんな言葉をかければKenちゃんの記憶に残るだろうかなんて握手会の前は色々考えてはみたものの、本人を目の前にしたら自分の想いをただ伝えることしか出来ませんでした。今振り返るとそんな自分がちょっぴり悔しいけれど、目を見て「ありがとう」って応えてくれたから、もうそれで十分。

握手会の最後の”お言葉”では、Kenちゃんらしからぬ「歯の浮くようなセリフ」を照れながら話してくれました。
みんなの笑顔に癒されたって言ってくれたけれど、それはこっちの台詞です。
みんなの手が冷たくて、待っていてくれたんだって思うと嬉しくなったなんてことも言ってくれたけど、こんなに大勢のファンと握手をしようと思ってくれたこと、そしてそんな機会を作ってくれたKenちゃんにこそ感謝です。

改めて、そう今更ながら改めて、Kenちゃんのことが大好きになった忘れられない一日でした。
次はLIVEで会おうね、Kenちゃん。

あっ、その前にミステリーツアーか!笑
奇跡よ、起きろ!!

スポンサーサイト
それ、すなわち最強なり。(Monthly Vamps vol.9より)

・・・・だからチケットが取れないんですか?(軽いぼやき)

どうも、ご無沙汰しております。しばらく記事を書かないでいると、いざ書こうと思ったときに何ネタからふれていいのやら。特にここ最近は洪水のように色んな情報が襲ってくるから困ってしまって。そんな風に考えていたら、いつのまにか桜も散ってました。(あっ、それくらい時間が経っていたということね)
そういえば、ちょうどTVで『JACK IN THE BOX』が放送された日、たまたま武道館に行く用事があって、そんな偶然がなんだか嬉しくって、ちょっと感慨深い気持ちになりました。その頃はまだ桜が満開だったんだけどな・・・HYDEISTの桜はいつまで咲いていてくれるのかしら。
| ホーム |