FC2ブログ

kong-L'Atulation

ラルクアンシエルをこよなく愛するkongの小言を語る場です。

桜雨 

2008.03.31 00:35

この季節、いつも通りなれた道を歩いていたり、電車から窓の外を眺めていると「あっ、ここにも桜があったんだ」なんてことがしばしば。
花が咲いていないと、その木が桜の木だなんて気付かないものです。そして、散ってしまったらまたその木が桜の木であることを忘れてしまうんだろうな・・・来年のこの季節が来るまで。

今日はお友達と千鳥ヶ淵にお花見に行く約束をしていたのですが、生憎の天候と寒さで断念。でも、私にはもう一つ問題があったのです。仕事が終わらないという・・・・ね。

私事ですが、4月に人事異動で所属部署が変わることになりました。社会人になってまる2年。初めての異動です。新しい部署でちゃんとやっていけるのかという多少の不安はあるものの、今はそれよりも自分が去る方の後片付けが終らない!終らない!終らない!
ということで、今週末は結局土日両方とも休日出勤。週7でのお仕事となりました。

ただでさえ年度末は忙しい部署なのに、今年は4月から新体制になるというおまけまでついてきたもんだから、さあ大変!しかも私は初めての異動ってことで、引継ぎなんかも始めての経験。てんやわんやのいっぱいいっぱいです。わー助けてぇ。

そんな私の心の声を聞きつけてか(オイ)、あるお方からすてきなプレゼントが。
昨日のお昼休憩中、ふとHYDE ROOMに行ってみたらなんとDiaryが更新されているではないですか。しかも、まだ更新お知らせメールが来ていないから更新したてホヤホヤと見た!更新のお知らせが来る前に更新されているのを見つけると、なんだか得した気分になるんですよね~。だから、倍嬉し。
怪しげなイラストやデコレーションまでされたDiaryに違和感を覚えつつも、今日も仕事をしているということに妙な一体感を覚え、午後もがんばろなんて気にさせていただきました。
う~ん・・・やはしhydeの力は偉大なり。

どうでもいいことですが、そんなhydeの影響を受けてか、今夜はおそばを食べました。でも普通の掛けそばです。冒険はしません。ちなみにおつゆは薄味がお好みですが、自分好みに作ったら弟から「味がしない」と文句を付けられました。hydeは薄味・濃い味どちらがお好みなんでしょうか、ね?・・・って本当どうでもいいー!
もうどうしようもなくなったので、本日はこれにてお開き!
スポンサーサイト

惚れたが負け・・・ 

2008.03.27 01:27

先日の記事で、「今度あそこのランプが光っているのを見れるのは、いつなのかな・・・」なんて書いたら、その機会があまりにも早く訪れてちょっとビックリ。

たいてい籠ピカは、お友達からのメールで知らされ、それでも仕事中で見れなかったり、爆睡していたりで涙を呑むのですが、今回は正真正銘の自力到達!
それでも私がBBSを見たのは全ての血文字が出揃った後だったので、HYDEの”焦らしプレイ”の犠牲にはならずに済みました。そのプレイの最中には、私呑気に夕ご飯を食べておりましたから。ちなみにぎ○○らではございません笑。

しかし、あれを8時すぎからリアルタイムで見ていた人は、きっとその間何もできなかったことでしょう。私ももっと早い段階で気付いていたら、そうなったに違いないですしね。本当罪な人です。
それでも、ちゃーんと約束どおり最初の発表はhydeistにて行ってくれたことに関しては、HYDEの優しさを感じました。

hyde(HYDE)のファンに対する心遣いには、いつも本当に嬉しさを感じます。まあ、客商売だし・・・ってこともあるかもしれないけれど、でもやっぱりそれだけじゃできないと思うから。
まったくもってラルクには興味がない友達にその話をしたらば、たいそう意外な顔をしていましたけど、一般のイメージってきっとそうなんですよね。いいんです、わかる人だけわかってくれれば!(あっ、でもその子にはhydeがどんな人なのかを熱弁したら、「イメージかわったわ」と言ってくれて、やっぱり嬉しかったんですけどね。)

それにしても、昨日のBBSでは私の短いhydeist歴の中でも「見たことない!」ってくらいの血文字の数々。噂によると32個。わお!
ちなみにお風呂に入る時間を後回しにしてまで、全部遡って見ました。
一つ一つは短いんですけど、よくもまあ、あそこまで引っ張ったものです。時間にするとそんなに長時間な訳ではないですが、血文字の間に挟まれるみんなのメッセージの多いこと多いこと。だから、遡るのも一苦労。そりゃ、興奮して投稿もしたくなりますよね。
そして、発表と言いつつ、関係ないことを投稿し続けるHYDEのいたずらっぷり。でも、あれだけ、引っ張られてもなんだか血文字を見てニヤニヤして嬉しくなってしまうのは、やっぱりHYDEのことが大好きだからでしょう。そして、あそこのみんなはきっと同じ思いなんですよね。
素晴らしき哉hydeist。

徒然なるままに 

2008.03.23 23:58

最強リンクさんを覗いてみたら、”どうやらHYDEISTに春が来ているらしい”ということを知り、早速行ってみました。雪が解けて桜が舞い正に春到来。でも、なんだかちょっぴり怪しげな春でした。夜桜?ですかね。今度あそこのランプが光っているのを見れるのは、いつなのかな・・・。

気が付けば『DRINK IT DOWN』そしてDVD『またハートに火をつけろ!』の発売が10日後に迫っていたのですね。最近は本当に時間が経つのが早い早い。忙しいせいもあるのかもしれないけれど、なんだか何もかもがあっという間。こうやってどんどん歳をとっていくんだろうなぁ・・・。

そして4月の一週目にはTV出演もされるそうで。久しぶりにTVで彼らが見れるのは、やっぱり嬉しいです。
確かちょうど一年前のMステ春スペシャルの時に『SEVENTH HEAVEN』が初披露されたんですよね。あれは、事前にラジオでのON AIRもなかったから正真正銘の初披露で。曲名もMステのミスなのか、はたまた策略なのかで事前に流れちゃったりして、そしたらとある朝5時半くらいにFCメールで”新曲のタイトルは『SEVENTH HEAVEN』”って発表されて。「もう知ってるから!こんな朝早くにメールしないでよ!」なんて憤慨したできごともありました。
私は何かの用事でMステは生で見れず、帰ってからすぐに撮っておいたDVDを再生して見たのですが、隣では母親と弟が「ジョニーデップみたいだったよ」とか、帰り道にまだ見てないのに友達から「hydeカラスみたい、衣装に着られてるよ」とかメールが来たりして。「もう、みんなうるさーい!黙ってみ見せろー!!」とか思いながら、5回くらいリピートして見たけど、結局よくわからず「この曲のサビはどこ?!」とか困惑たりして。でも、なんだか頭に残ってしまって、知らぬ間に大好きな曲になっていました。
あれからもう1年かー。そう思うと、本当に時の経つのが早すぎて恐くなります。そして、この1年私は何をしてきたのかなって振り返ったときに、ラルクの思い出ばかりが出てくるのは、気のせいでしょうか笑?

どうやら(コラ!)L'7ツアーの開幕は1ヶ月を切っているようですね。開幕と言ってもどうせ私が行けるのは東京ドーム&京セラドームなのでまだまだ先のこと。なので、全然「始まるんだ!」って感じがしないのですよね。国内でやっていたツアーの時は、やたらと「今日はどうだったんだろう」とか気になったのですが、海外となるとそんなに気にならないのは、なんでなんでしょ。あっ、でもパリは別物!やっぱり気になって気になって仕方ないです。まあ、やることは他の海外公演と変わらないのかもしれないけれど、やっぱり”パリ公演は別物”って意識があるから気になっちゃう。だって、本音を言えば行きたい!ですし。今日も行きもしないのに、本屋さんでパリのガイドブックとかパリ特集してる雑誌とか見て、自分を煽るようなことを無駄にしてきちゃいましたし。なんかもう「LIVEなくても行きたいわ!」ってくらいパリに行きたい衝動がでてきたんですよね。不思議。今まではフランスってヨーロッパの中でもそんなに興味のある国ではなかったのに、なんか最近無性にパリ熱が!LIVE決定が先だったかパリ熱が先だったか今となってはもうわからない状態に。でも、今回は仕方がないので、もっとゆっくり時間の取れるときに、そしてもっとお安い時期に行ってこようと思います。
今回のパリ公演、私の周りにもすでに行くことが決定しているお友達が二人程いますので、(そこのあなたですよ、あ・な・た!)とりあえずみやげ話でも聞かせてもらって我慢することにします。はあ、それにしても本当羨ましいな~。

気になるのは、海外公演と国内公演は同じモノでくるのかそれとも別物でくるのかってこと。私前のASIA LIVEには参加していないのでわからないのですが、まあ、きっと一緒ですよね。(そんな海外用・国内用なんて作っている時間もないと思うし)それならそれでやっぱりネタバレは回避したいので、しばらくは気を付けないと、「うっかり見ちゃった!」なんてことになりかねないですよね。でも2ヶ月近くネタバレを回避するのは、この情報流通社会の中で至難の業ですね。だって最強リンクさんに飛んだだけで、その日一日のラルクの動きは大抵わかっちゃうほどですからね。

それにしてもあと1ヶ月。果たしてセットとか演出とか曲目だとか・・・間に合うんですかね??
hydeはレコーディング真っ盛りのようですし。まあ、だいぶ前から構想はあったようですし、私なんかが心配することでもないのですが、せっかくのワールドツアーなんだからしっかり準備をして、メンバーもお客さんもみんなが満足のいくステージに仕上げて欲しいなと思います。

と今日はぐだぐだと思いつくままに書いてみたら本当に”たわごと”になってしまいました。
カテゴリーも整理しないとなと思っているのですが、とりあえずよくわからない区分は全て”たわごと”にしておけば楽ちんなので・・・あっ、これでもいちおうA型です笑。
そのうちやります、そのうち。


long vacation 

2008.03.23 01:33

「いつも走る必要ないと思うんだよね。 あるじゃん、何やっても上手くいかないときって
 そういうときは、なんていうのかな、言い方変だけど、神様のくれたおやすみだと思ってさ
 無理に走らない、あせらない、がんばらない 自然に身をゆだねる」

ドラマ『ロングバケーション』での瀬名くんの台詞。
このドラマを見ていたのは、私がまだ中学生の頃。同世代の人ならわかると思いますが、もう大ヒット!メガヒット!!あれはすごかった!!なんてったって木村拓哉&山口智子のコンビ。そしてそれを固める豪華なキャスト陣。あれぞ月9でしょ!!

ふと、ロンバケでこんな台詞あったなと思い検索してみたら、ヒットしたので拝借してきました。今になってこの台詞を聞くとそうだな~って妙に納得します。あの頃はまだお子ちゃまだったから。
でも、案外難しいんですよね。立ち止まって、振り返って、何もせずにじっとしてみるって。長ーいお休みをするのには、それなりの勇気がいります。社会に出てしまうと尚更。
でも、短いお休みなら・・・・
ということで、前置きが長くなりましたが、先週末ちょっぴりと旅に出てきました。
最近の疲れた心と体を癒すために。たまには息抜きも必要ですからねって、しょっちゅう息抜きをしている気もしますが、まあそれは置いておいて。

旅の目的地は和歌山県。なんで和歌山県かって?それは敢えて書きません。が、このブログを見に来てくれている方ならわかるでしょう笑。
新幹線に乗り込み、いざ和歌山ー!!

裂け目に奇跡を見た 

2008.03.09 12:13

あれはまぎれもなく奇跡でした。

『DRINK IT DOWN』すてきすぎます。(そっちかーい!笑。)

新聞には、”奇跡LIVE”と名付けられ放送された『JACK IN THE BOX』第二夜。私にはhyde×TERU・TAKUROの「これ以上ないでしょ」とhydeも言うコラボレーションよりも、2月10日代々木第一体育館での『DRINK IT DOWN』が放送されたことの方が衝撃的でした。

だって、めちゃめちゃカッコイイじゃありませんか!なんじゃこりゃ!って。
メンバー一人一人が演奏している姿はもちろんですが、カメラが引いてステージ全体が映った時がすーごい!赤い照明と緑のレーザーが曲の雰囲気を更に際立たせていて、改めてTVで見ると「こんなにすごかったのか」と衝撃を受けました。
ラルクのLIVEがすてきなのは今に始まったことではありませんが、新鮮な映像だからなのか、久しぶりにもの凄い衝撃を受けました。
演出に凝りに凝った『THEATER OF KISS』。LIVE DVDが今から楽しみ。

そしてこの曲の見所、そうボーカルhydeの”セクシーっぷり”。
曲によってこうも表情を変えられるこの人は本当にすごい。さすが!ある意味役者ですよね、もはや。
TVで披露する時もあんなにセクシーに歌ってしまわれたら、正直ちょっと困りますが・・・汗
でもやっぱり楽しみ。

そういえば歌詞テロップまでちゃっかり表示してくれてましたね。
いつものことながらLIVEだと何て歌ってるのか8割方聴き取れないので、やっとこさ歌詞の全貌が明らかに。
”闇とは深く味わうもの”・・・hyde world全開ですね。LIVEで唯一ちゃんと聴き取れて、振り付け?までマスターしていた”裂け目に勝機を見た”は”正気”だと思いこんでいました。

明日はラジオでオンエアされる予定らしいですが、もうそれを聴く必要もないかな。このLIVE映像で私的には大満足。

それにしても、こんな素敵映像を全国放送しない、そしてあんな深夜に放送するなんて・・・
これはもっと多くの人の目に触れるべきだと思うのは、やっぱりファンの欲目ですかね。
見れなかったみなさーん、どうにかして見てください!これは見るべき!!

あっ!そういえば、ちゃっかりL'7のCMまで放送。抜け目ないなー!
3月に入って一週間。もうすぐ春ですね。
HYDEISTの雪解けもそろそろかな。春はどんな王国が見られるのか楽しみです。
私もこのブログをそろそろ春っぽいテンプレートに変えようかなと、気が向いたときに探しているのですがなかなか気に入ったものに出会えません。デザインは良くても字体が気に入らなかったり。自分でその辺のことに手を加えることもできるのかもしれませんが、私はそこまではできないもので。なので、もうしばらくこのテンプレートでいこうと思います。何よりこのテンプレートが気に入っているのも変えられない理由のひとつでもあるのですが・・・

さて、気が付けばnew singleそしてLIVE DVDの発売もじわじわと迫ってきましたね。
いつの間にかブログ内に設置した”音フレーム”にも『DRINK IT DOWN』が仲間入りしてました。何度か聴いてみましたが、いや~カッコイイ。あの前奏や間奏が何とも言えず私の心を掴んで放しません。だから早くCDが発売されて頭っから最後まで通して聞きたいなと思います。そして、これをTVで披露する時もまた楽しみ。いろんな意味で笑。
正直、ラルクを好きって言う前提がなかったら、きっと私の耳には飛び込んでこないだろうなと思ってしまうこともなくはないのです。でも、基本的にあるアーティストを好きになったらみんなそんなもんなのかなって思います。最初から”好き”っていう感情を持って聴いてしまいますし。だからその逆もまた然り。好きじゃないアーティストの曲は、最初から”好きじゃない”っていう偏見を持って聴いてしまいます。いけないな~とは思うのですが、やっぱり好きじゃない人の曲はそう簡単に好きにはなれません。でも、だからといって、好きなアーティストの曲が全部好きかって言ったらそういう訳でもなくて。いくらラルクの曲でもあんまり好きじゃないって曲もありますしね。
まあ、何を言いたいのかよくわからなくなってしまいましたが、客観的な姿勢を持つことは大切だってこと。そして、好きになるには曲と人と両方の魅力が必要だってこと・・・だったのかな。

それより、思い出した!書かなきゃ、書かなきゃと思っていたこと。

get it on! 

2008.03.07 00:57

先日コチラの記事でもお話した”『PATI PATI 』2004年5月号”。
図書館で借りてきたものの、あまりのお気に入りっぷりに返したくなくなってしまいました。いや、冗談じゃなく。でも、冗談です。で、どうにかして手に入れたいと思い、色んなサイトを探して見ましたが見つからず。結局、前日に一度検索したyahooオークションで再検索。
すると・・・あった!メガヒット。これは、まさに私のためと言わんばかりに。そして華麗にに落札。って、結局私以外に落札者が現れなかったのですが。送料等、諸々の費用を含めると、定価より若干高くなってしまいましたが、念願の雑誌をを入手できたと言うことでよしとします。
そして、本日その雑誌が私の元に届きました。まだ図書館には返却していないので、同じ雑誌が2冊。でも、一冊は今日から私の物♪借りてきた方は、今週末返却に行ってきます。
内容は、借りてきたもので既に読んでしまっているのですが、これは一種の永久保存版だと思っていますからね。お風呂上りの思い出したときにチラ読みしたり、ふと勉強の合間に読んでみたりして、癒されようかなと。まさに”piece of SMILE”!もう、笑顔の欠片がたくさん詰まってますから。

そうそう、その先日の記事で私が懇願した4人同時インタビュー。
どうやら、今月(3月15日)発売の『MUSICA』4月号にて、我らが鹿野氏がやってくれちゃってるそうじゃないですか!
「うそーん!」と、半信半疑の方はコチラ
さすが鹿野さん!伊達に『THEATER OF KISS』の打ち上げに参加してないですね。たらふく食べるだけじゃなくって、ちゃんとやることもやってくれていたのね、と。
『MUSICA』はとても好きな雑誌なので倍嬉しい。あんな話やこんな話を上手に引き出してくれているかな。4人の醸し出す空気をちゃんと文章にしてくれてるかな。今からとっても楽しみです。
雑誌は雑誌でしかないけれど、その時々の気持ちだとか言葉だとかがリアルタイムに近い形で表現される場ですからね。
意外と「前のインタビューであんな事言ってたな」って思い出したりすることもありますし。貴重な媒体です。
これから先、ちょっと雑誌のリリースラッシュが続きますね。このお金のないときに追い討ちをかけるように笑。いろんな雑誌が出るみたいだけど、やっぱり『MUSICA』が一番楽しみ。
鹿野さん、期待してますのでよろしく。

P.S. 表紙の写真、暗闇の中に浮かび上がる顔はやめてくださいね笑。(2007,11月号参照)

ときめきは永遠に 

2008.03.06 01:03

年甲斐もなく”ときめいて”しまいました。
ラブレターなんて、もう長らくもらっていないですもん。そう、昔はもらったこともあったとか、なかったとか・・・

というわけで、ブログ散策していた時に見つけた”ラルクからのラブレター”♪
誰がこんなもの考えるんでしょうね。すごいアイディア!

気になった方はやってみる価値ありますよ。
ときめきが欲しいアナタはLet's challenge!

追記は私がもらったラブレターです。ウフ。

hyde hyder hydeist 

2008.03.05 00:54

今日家に帰ると私の部屋に謎の小包が。
見てみるとそれは、”HANEPEN”
そう、買ってしまったんですよ勢いに任せて。7歳下の弟に散々馬鹿にされながらも。ちなみに5本セットの方。意外にも配達が早くて驚きました。仕事が早いぞ、HYDEIST!
ちなみに、このHANEPEN、使う予定は御座いません。なので、早くも小包のまま、棚の上へとしまわれました。さようなら、私のHANEPEN。また会う日まで。

最近はラルクな話題より、巷はHYDEの話題がお盛んなようで。
私も週末にとりあえずHYDEソロの宿泊付きプランのチケット代を振り込んできました。といっても、ネットバンキングってやつなので、このPCから簡単操作で振込み完了。便利な時代になったものです。
あとは、忘れずにチケットのみの御代も払わなければ。まだまだ先のツアーなのに、この時期に一気に出費ってのはちょっと痛いですね。

そして、昨日からはHYDEモバイルサイトもOPENってことで。HYDEIST事務局からのメールで知りました。春OPENって話だったので、てっきり4月頃からかと思っていましたが。仕事が早いぞ、HYDEIST!
てっきりHYDEISTの携帯サイトかと思ったら、また別のサイトなんですね。だから、別料金かーい!と。
月300円に「どうしようかな・・・」と一瞬迷ったものの、”DIARY”があることを知り、即入会を決意。
結局入っても、待受けや着うたなんかはあんまり使わないので「それだけのサイトなら、ちょっと」って思ったんですが、日記があるとなったら入らないわけにはいきません。そう、まんまと戦略に乗せられたって訳です。FA日記も捨てがたいですが、やっぱり本人が書いた日記(というかメッセージ)となったら、見ないわけにはいきませんもんね。

そして早速読んだ日記・・・
あの短い文章の中にhydeという人が詰まっている気がしました。
この人、詩を書くセンスはもちろんですが、文章を書くセンスも私はなかなか好きです。何が好きってやっぱり言葉の選び方。すてきだなって思います。その感性はいつまでも失わないで欲しいものです。
これからもまたすてきな言葉が届けられるのを楽しみに待っています。

今日は題名も題名だけにHYDEな話題に絞って終わりにしようかな。

・・・でも最後に一言。
「私が好きなのは、やっぱりHYDEではなく、hydeです。」
以上。
3月になり、段々と春の気配が。
季節の変わり目っていいですよね。新しいことが始まるワクワク感。新しい服や懐かしい服に袖を通すとなんだか気分も一新した感じがします。でも、体調管理には気を付けなければ!
と言いつつ、既に風邪気味なのですが。咳が止まりません・・・なのに、どこかのギタリストが「風邪薬って風邪を治すものじゃなくて、症状を和らげるだけなんだって!」なんて言うから、なんとなく風邪薬を飲む気がしなくなり、うがいと手洗いと言うなんとも地味な方法で風邪菌と戦っています。でも、あと一息・・・最後の最後には薬を飲むかもしれませんが・・・

気が付けば『TEATER OF KISS』が終って2週間が経ってしまいました。
なのに、まだファイナルの感想を書いておりません。
これ以上経つと、きっと書かずに終ってしまいそうなので、今日こそは。
今更感が否めないので、誰のためでもなく、自分のために書きます。
楽しい記憶と思い出が風化してしまわないように・・・

『THEATER OF KISS』のファイナルを迎えた福岡。
お昼前には、”お天気雪”がちらついて、「もしやファイナルマジックか?!」なんてワクワクしましたが、束の間の出来事でした。
でもファイナルの日に雪が見られるなんて・・・今宵は素敵なLIVEになる”おしるし”だったのでしょうか♪

music & me 

2008.03.02 00:45

このブログを見てくださっている方で、もしこのタイトルにピンときた方がいたら、おそらく私と仲良くなれるでしょう。是非お声をかけてください。

というわけで、今日はとある方のLIVEに行ってきました。
私が昔からとても好きな人・・・原田知世さんのLIVEです。
ラルク好きは、音楽趣味が多種多様・人それぞれと言えど、「原田知世が好き」なんて人きっといないだろうな。
かく言う私も、「いつもCD買ってます!」とか「出演番組は欠かさず見てます!」とかそういうレベルではないけれど、昔からなんとなく好きで。
今回は去年デビュー25周年を迎え、その節目に『music & me』というアルバムをリリースしたということでのツアー・・・だったそうです。(そう、私はそんな程度のファンなのです)

music & memusic & me
(2007/11/28)
原田知世

商品詳細を見る


たまたまLIVEがあることを知り、「行ってみようかな」と思いつきでチケットを取りました。アルバムをリリースしてのツアーなのに、このアルバムは持っていません。行く前に買おうか迷ったけれど、聞かないで行ってみるのもいいかなと思い、結局買わずにLIVEへ。
でも、結果としてアルバムを聞いていなくとも、問題なく楽しめるLIVEでした。

今日はファイナルということもあり、ゲストもたくさん。
”大貫妙子さん、オニキユウジさん、キセル、鈴木慶一さん、高木正勝さん、高橋幸宏さん”
といっても、全員のことを私は知らないのですが・・・
でも、高橋幸宏さんは、ちゃんと知っていましたよ!なんたって”ユキヒロさん”ですしね笑。ドラムも叩くし、歌も歌うし・・・すてきなユキヒロさんでした。

全曲通して演奏は、ピアノ・バイオリン・チェロ・ハープ・ベース・ギター・ドラムを主に使ったもの。とても心地のいい音を堪能することができました。中でも特にバイオリン。私はどうやらバイオリンの音に心ときめくみたいで・・・気付けばいつもバイオリンの音に耳を傾けていました。
でも、なにより素敵だったのは原田知世さんの声。透明で、透き通っていて、細いんだけどしっかり芯が通っていて・・・なんだかとても気持ちが良かったです。
そして、LIVE後「やっぱりアルバム買おう」と決断。そんな気持ちにさせてくれたすてきなLIVEでした。
MCで原田知世さんが言っていた通り「特別な夜」になりました♪

やっぱりLIVEっていいですよね。
音を体で感じて、それをみんなで共有して・・・
ラルクのLIVEみたいに爆音でノリノリでもう楽しい!っていうLIVEもいいですが、たまには静かに聴くっていうのもいいかなと。
これからも機会があれば色々なアーティストのLIVEに行ってみたいと思います。
あっ、でも今年は無理かな・・・なんたってラルクもHYDEソロもありますからね・・・
それだけでお腹いっぱいになっちゃいそうです。
でももし、時間とお金とそして心に余裕があれば♪

HYDE戦争 

2008.03.01 00:59

hydeistは、携帯からチケットの当落結果が確認できない(というか携帯サイト自体が今のところない!)ので、お家に帰るまで結果はお預け。
そんなわけで、今日はなんだかそわそわした一日でした。
でも、そこまでドキドキしなかったのは、やっぱりラルクではなくHYDEソロであること、そして宿泊付きの方でとりあえず参加が確定していたからでしょうか・・・
それでも、やっぱり東京公演に行きたい想いは強かったので、そわそわしていたのでしょうけど。

というわけで、今日は飲み会の予定もなく帰宅して早速結果を確認。

 9月11日(木) zepp nagoya
10月24日(金) zepp tokyo


この2箇所の参加が決定しました。

今回は保険もかけて、東京4公演+名古屋1公演申し込んでいました。
なので、2勝3敗。東京はやっぱり激戦だったようなのでまずまずの結果でしょうかね。
昨日の記事に記した願いは、達成されましたし。
そして、「せっかく遠征するから・・・」と、さりげなく申し込んだ名古屋もめでたく当選。
宿泊付きで当選している方と合わせると、参加公演は全部で4公演。全部で36公演あるから、9分の1ってことですね。
私としては大満足な結果となりました。欲を言えば、ファイナルの東京には行きたかったかな・・・
まあ、まだチャンスはあるかもわからないので幸運が巡ってくることを祈ろうと思います。

初めてのHYDEソロ・・・どんなLIVEになるのかな♪
きっと私が好きなおちゃめなhydeは影を潜め、攻撃的なダークHYDEが見られることでしょう。
いいんです、おちゃめhydeはラルクで堪能しますから。
まだまだLIVEは先のこと・・・って言ってもまたあっという間にやってきてしまうのかもしれませんが。
LIVEに行く頃には、私も一山越えてないといけないですからね。
人参を目の前にぶら下げられた馬のように・・・がんばらなくちゃな。
| ホーム |